BLOG

2019年が明けてから半年が終わりました。

早いものです。

後半のあと半年、どのように過ごしますか?


chiyoです。


蟹座です。


蟹座というと、母性、感情、保護、育成、、等といわれています。

一般的にはとてもセンシティブ、女性的でやさしいイメージです。


が、

私はけっこう激しさも感じます。


蟹座は水のエレメントの活動宮です。

劇的なほどの激しい感情や、結果を省みない猛攻、

以前にも書きましたが、統計をとった結果、蟹座の格闘家は獅子座の次に多かったのです。


獅子座の格闘家が多いというのは分かりやすいです。

一般的には、

絶対的な存在でいたい、自分をアピールし注目を集め、誇らしく賞賛を浴びる、

というのが獅子座のステレオタイプです。


一方優しいはずの蟹座の場合は、臨戦態勢に入るとものすごく攻撃的になって、有無を言わさずに相手を打ち負かしてしまう、という面を持っているように思います。


蟹座が戦いを挑むときには、必ず感情的な理由があるようです。


誰かのため、自己の証明のため、何かのため、、

何らかの大義名分が生じたとき、又は保護や世話焼きの本能に火が付いたときに、蟹座の闘争心は結果などを計算することなく、捨て身の攻撃を仕掛けてくることがある。


獅子座の格闘家と蟹座の格闘家では、少しばかりその動機が違うのかもしません。



アメリカの石油王ロックフェラー1世は1839年7月8日生まれの太陽蟹座の人ですが、自分のビジネスにとって「敵」と見なした相手は情け容赦なく倒産に追い込んで、抹殺していったということです。


彼の場合、MCが山羊なので、

特にビジネス面で、一族を含め自分の利益を守るために攻撃的になることがあったのかもしれません。

言うまでもなく、身内にはとても手厚かったそうです。

ざっとですが、幼少期は不遇だったように見受けられます。

影の薄い父親と理性重視で甘えさせてくれない母親。。

その逆境を跳ね返し、自身のビジネスを守るために、また身内や仲間のために、彼は全身全霊で戦ったのでしょう。


3ハウスカスプの双子座の月、月と水星のミューチュアルレセプションは弁が立つことを表しています。さらにこの水星はMCに対してクインデチレ、仕事におけるコミュニケーションのこだわり交渉上手、とでも言ったらよいでしょうか。

月は太陽を支配する蟹座のルーラーでもあり、ノーアスペクト。強いです。

双子の月なので、才気煥発なやり手でありたいという欲求の持ち主ですね。


MC軸に乗った太陽とか、あと、8ハウスの強調ですね。(MCを支配する土星が8ハウス在住。その土星を支配する木星が8、9ハウスを支配。太陽とスクエアの冥王星は元々は8ハウスの支配星)

8ハウスの意味合いは研究や価値の共有、社会貢献、、財産や遺産の管理もその範疇です。


石油は元々地球の財産であり、遺産でもあり、そこに土星とMC(ビジネス)が強く関わっています。

また、財を成してからは大学や財団を設立して社会事業も手がけています。



90度ソート表(ミッドポイント)です。

MC=木星/冥王星なんていうミッドポイントもあります。社会的大成功。

そしてビジネスをするのに必要な冥王星、土星、火星が目立っています。

牡羊ポイントの水星/土星は制御されたコミュニケーション、軽々しい言動はせず言葉に対して慎重であることを物語っています。

持ってますね。すごいなー。




まだまだ見るべき箇所はありますが、それはさておき、


蟹座が物事を最終決定するとき、根拠にするのは感情です。

感情的にしっくり来ないことは選べない。

感情的に嫌なときは断固拒否。

逆に感情がOKなら、大抵のことはやってのけます。


これは蟹座に特徴的な直感のなせる技なのかもしれません。

直感でピンときたものは、後々とても役に立ったりするし、真実を孕んでいたりするものです。

私達は頭で考えすぎると正しい選択ができなくなりがちなので、直感を信頼することは重要です。

仕事でも人間関係でも、やっていることがだんだん嫌になってくるときは、直感を無視してしまった結果、「感情が納得していない」ことが原因であることが多いのです。


「感情」は理論などに比べれば低く見られがちですが、動機になるのが感情なら、最後に行き着くのも感情。とても重要です。


蟹座は水のサインなので、その感情を共有することで周囲と親和しようとします。

それが上手くいくと、お互いに通じ合うことができ、共有できることが増えて、

グループが平和で安全になってきます。

これは蟹座の真骨頂ともいえる能力で、蟹座=母性といわれる所以です。


ただし、

これがレベルの低い表現になると、境界線を引き、排他的で、グループ内の没個性化という方向に流れていってしまうこともあります。

(同じ性質の正の表現と負の表現という意味でご理解ください)


蟹の甲羅は硬いけれど、それゆえに中の内臓は守られています。

ここまでは〇だけど、ここから先はXみたいな線引き。

境界線、、これも蟹座のキーワードです。


蟹座はやさしく親和的な面と、アンビバレントな攻撃性、この二面が共存しているような気がします。

そのどちらにも鋭い直感が関わっています。

どちらに振れるかは、「どれだけ安心感を保っているか」で決まります。


蟹座に必要な感覚は、安心感であると言えるでしょう。



蟹座のルーラーは月です。

占星術では月は素の感情、根源的な欲求を表します。

理論や慣習とは無縁の世界、直感、インスピレーション。

理屈抜きの欲求。

とても大切な部分です。


パーソナリティーを見るとき、私は太陽と同じくらいに月を重要視します。

太陽は総合的な表現のタイプを表すのに対し、

月は根源的な動機を表すものと考えるからです。

ロックフェラーの月は双子(しかもノーアスペクト)でしたが、もしこれが牡牛や魚だったら石油王にはなっていなかったのではないかと思います。


その行動、その考えの動機は何なのか


ネイタルの月の状態はその人の根源的な欲求を表しています。

タロットの女教皇の画像を挙げましたが、その象徴するものは月の要素です。

全ての知恵を内包しているが、自ら動き輝くことはない。

月を輝かせるためには太陽のエネルギーが充填されなければなりません。


月は母親、女性を表すこともあります。

女性だって最近は自ら輝いていますが、これは象徴的な意味合いです。

受動的であり、「受け入れる」懐の深さを必要とされているように思います。


月は境界線に保護され、刻々と変化しながら、自分の中の最も繊細で大切なものを映しています。

内省的で受動的、全ての知恵(直感や感情)を内包する、


それは自己の内面に深く根ざして灯り続ける小さな炎のようです。




蟹座のナチュラルハウスは4ハウスです。

4ハウスの体験領域は「家庭」です。

誰でも幼少期の家庭環境から大きな影響を受けているものです。


自分のルーツ。

ここから私の人生は始まった。

人格を支える情緒的な土台は家庭です。

それは無意識の領域にしっかりと根付いていて、なかなか意識できないものかも知れません。

内なる恐れ。内なるシャドウ。


4ハウスが緊張している場合、初期家庭における根深い課題があるかもしれません。

4ハウスと10ハウスのカスプはMC軸ですが、両親軸とも云われます。

カスプだけでなく、4ハウス10ハウスそのものを指すこともあり、親との関係などを見ることができます。どちらが父でどちらが母か?というのは占星家によって、また場合によって異なります。


また、職業分析では「家」から敷衍して「建築」や「インテリア」などを示すこともあります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


次回は蟹座の誰かを探して分析します。笑

「宮古島レポート3」も書きかけで下書きに保存されたままなので、

そっちを仕上げた方がいいのかな。



ちょっと、、


飼っている猫が悪い病気になってしまって凹んでいます。

15年も一緒に暮らした家族なので、

残り少ない日々、精一杯感謝をこめて、

できるだけのことをしてやろうと思っています。








鉱物(パワーストーン)担当のTOMOKOです。今回はストーンカードリーディングの

ミニワークショップを開きます。


神秘的な45枚のストーンカードから、あなたの魂の物語をひもといて行きましょう。

個人対面セッションの形式で行います。


選んでいただくのは4枚のカードです。

その4枚のカードから導き出されるのは、


①あなたが今生に持って生まれた「本来のエネルギーと潜在的可能性」

②より高い次元の質へと、意識的に成長するために必要な推進力となるエネルギー。行動と表明(マニフェステーション)

③あなたの女性性の質とエネルギー(フィーリング、直感、受容性の質など)

④あなたの男性性の質とエネルギー(論理的な質、理解、行動など)

と、書くとなんだか堅苦しいのですが、石たちはとても饒舌で楽しいので、ご心配はいりませんよ。


そして最後に、今のあなたに最も必要な石のカードを一枚選びましょう。


石を選ぶのは、あなたご自身です。

私はあなたの物語をひもとくお手伝いをいたします。

一番知りたいのは自分のこと。でも一番わからないのも自分のこと。

心を開いて、石と向き合ってみませんか。そうすれば石は静かに語り始めるでしょう。

あなたの心の痛み、苦しみ、悲しみ、そして喜びを。

その原因がどこにあるのかを。



日時:7月27日(土) 13:30~16:30 

対面セッションはお一人様約30分ですが、

待ち時間は別室にてマインドフルネス瞑想とリラクゼーションのワークショップをお受けいただけます。

ティータイムもお楽しみに!

場所:東京都 中央区

募集人数:4名様限定です

事前振込み4000円、当日払いは5000円になります。

お申し込みは あまりんさんのHPからお願いいたします。


最近、夜更しができなくなりました。

眠くて眠くて仕方ないのです。

そういう時は寝るしかないので、早寝しておりました。

それで朝は早く目が覚める。

そして昼間は鬼のように片付けものに精を出す。。

健康的ですね。


本来はそうあるべきなのかもしれない。けど


予定がこなせません。

いや、今まで「やりすぎて」いたのかも知れません。




大泉洋さんとマッキーで写真を貼ってみましたが、はたしてネットで拾った写真を勝手に使っていいものかと、急に気になりました。



いや、駄目でしょう。


という結論で、残念ながらお写真は無しでやります。



鈴木福くんのホロスコープです。

2004年6月17日15時29分東京生まれ

このデータを正しいものとして分析します。



太陽は双子座、月も双子座でオーブ6度ですが、これはコンジャンクションと見ていいでしょう。

DAIGOさんや杉咲花さんもですが、太陽と月がコンジャンクションの人は新月(または新月前後)の生まれです。


満月と新月の時は出産が多いそうです。(犯罪も、、)

私適なイメージですが、なにかこう、、ゲートが最大に開いている時なんでしょうね。

太陽も月も同じサインになるので、純粋で濃い、振り切ったような個性を感じます。



福くんの太陽と月は8ハウスです。

8ハウスに天体が4つも入っています。

8ハウス双子座のステリウムですね。

この8ハウス内の太陽、水星、月のトリプルコンジャンクションに2ハウスの冥王星がオポジション。

冥王星は8ハウスのナチュラルルーラーで、アセンダントを支配しています。

8ハウスが非常に強調されています。


8ハウスは深く関わることを望むハウスです。

探求や研究、相手と一体となって価値を共有する、また社会貢献や慈善事業などもその範囲です。

太陽はMCを支配、月は9ハウスを支配、水星は8ハウス11ハウスを支配。



ご存知のように福くんはごく幼少の頃からテレビに出ています。

私の記憶では、NHKの幼児番組に2歳半ぐらいの彼が出ていました。

2歳半といったら、やっとオムツがとれるかどうかという時期です。


これは完全に親御さんの意志によるものでしょう。



太陽と月の間にすっぽりと水星が入っています。

この水星は太陽と月のミッドポイントであり、ファイナルディスポジターでもり、このホロスコープの中ではとても重要です。

水星の「そつなく器用に上手くやる、意志の疎通ができる」、このような秀でた特質を持っていることで、右も左も分からない頃からでも仕事ができたのだろうと思います。


水星が8ハウス11ハウスを支配、

周囲をよく見て思いやりのある言動ができる、ということです。

「なんだかよく分からないけど、周囲の大人が喜ぶからそんな風に振舞っていよう」といった、器用で健気な子供だったのでしょうか。



この水星=太陽/月という重要なミッドポイントにしっかりと冥王星が絡んでいます。

冥王星は彼の「核」とも言えるようなこの部分に常に「課題」を投げかけてきます。


自分は何者なのか


という事と常に向き合っていくことが運命付けられているようにさえ見えます。

これは抑圧も意味しますし、大きな成長の可能性も意味します。いずれにしても楽ではありません。

冥王星はアセンダントを支配し太陽はMCを支配するので、さらに強調されます。

「自己価値」の2ハウス在住です。

この一連の動きが彼の自己価値を決定します。


月は9ハウス支配なので、常に新しい何かを求めて自分を刷新していくことが求められます。


双子座の「多方面に注意を向け、様々なことを取り入れて多様化させる」質は、これからどのように展開していくのでしょうか。



IC付近の海王星は月と金星にトラインで、5ハウスを支配しています。

これは自己表現や芸術的なセンスなどを表します。

芸能界でやっていくにはとても良い資質です。

もしかしたら、彼は今後アートの方面に進んでいく可能性もありますね。

まあ、演技もアートですが。


また水星も強調されているので、番組MCなどもできるかもしれないですね。


海王星と天王星はミューチュアルレセプション。

個性と創造性が自己の内面で増幅される。

これも自己表現や芸術的センスにつながります。


とても豊かな資質の持ち主なのですね。




もうひとつ目を引く配置は天王星、木星、金星のTスクエアです。

これも際立った個性の持ち主であることを表しています。

しかも天王星はMCにクインデチレなので、社会的な表現に対して個性的であることに非常に強いこだわりがあることを示しています。


魚座の天王星は4ハウスで4ハウスを支配するので、親御さんとの間で何か表面化できないようなものを抱えてはいないだろうかと気になります。

もし本人に聞けるなら、聞いてみたいです。

本人も気付いてないかもしれないので聞いてもすぐには出てこないかも知れないですが、これも非常に微妙で重要な点だと思います。


このホロスコープではご両親との関係は概ね良好に見えます。

それだけに、物心着く前から「レール」が敷かれていたこと、その場所でブレイクしてしまったこと、などが逆に彼を縛り多方面に枝分かれして行きたい双子座の質に制限を設けたりはしないのだろうか、と思うのです。



月も在住し強調される8ハウスと、これもまた強調される天王星から「社会的貢献」なども可能性としてあります。

「視聴者のみなさんのため」という視点でみれば、俳優やタレントもその範疇なのかもしれません。


8ハウスは広く浅く情報を集めたい双子座にとって居心地はよくないかもしれませんが、

「一体となる」相手が(視聴者のように)不特定多数ならば折り合いがつけられるかもしれません。



MCからのディスポジターは8ハウスの太陽→水星(ファイナルディスポジター)です。

シンプルですね。

月からも同様にシンプルに8ハウスの水星(8ハウス11ハウス支配)に行き着きます。

おもいやりのあるコミュニケーションの欲求。。

大泉洋さんもこんな感じだったと思います。IC付近の海王星も似ています。



さらに目に付くのは、火星のノーアスペクトです。

9ハウスにあって6ハウスを支配します。

しかしこの火星は蟹座です。


火星と蟹座は相性がよくないとされています。

攻撃性がすんなり発揮できなくて、素直な自己主張がしにくかったりするかもしれません。

蟹座は周囲と同調し安全を求めるサインですが、アグレッシブに主張する火星は居心地がよくありません。


もしかしたら突発的に攻撃性が噴出することもあるのかもしれません。

6ハウスを支配するので、製作の現場などの共同作業をする場でそんな一面を覗かせたりするのかもしれません。

行き場のない潜伏した怒りが心の奥でくすぶったりする可能性はないでしょうか。



南西半球が強調されているので、相手の言いなりになって犠牲的に振舞うこともあるのかもしれません。

IC付近の海王星が裏目に出たら、自我が曖昧になってしまう危険もあります。

彼のもうひとつの課題はここにあります。


上手に自分勝手になること

これが大事です。



福くんはまだ15歳になったばかり。

今はときどきお昼の番組でレポーターをやっているのを見かけます。

なかなか自然体でいい感じです。


これからもっと勉強して、いろんなことにチャレンジして、

素敵な、幅のある、本物の大人の俳優さんになって欲しいです。

そして他の誰とも一味違う、個性的な役を演じて欲しいな、と思います。

アセンダントが蠍なので、深みのある演技がきっとできるはず。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このところヘリオセントリックと恒星パランが気になっています。

福くんのノーアスの蟹座火星も、もしパランがあったら面白いなー、などと思います。

しかしまだ、ここであーだこーだ言えるほどには理解していません。

どんどん深まる占星術は無限、、


美味しくていくらでも食べられる料理を「無限〇〇」と言うのが流行っていますよね。

無限ピーマンとか、、


ああ、無限占星術、、、











早くも6月に入って10日が経とうとしています。

いや、太陽ふたご座に入ってからは2週間以上か。

体調不良とはいえ、ぼやっとしていたら太陽は蟹座になってしまう!



というわけで、ふたご座です。


以前このブログで「大泉洋さんにルパン三世をやって欲しい」と書きましたが、


ルパン三世はきっとふたご座だと思います。


神出鬼没、臨機応変、情報を駆使して相手の裏をかき、、

口八丁手八丁でいかなるピンチも切り抜ける。

頭の中にはアイデアがいっぱい、いいかげんそうに見えて狙った獲物は逃がさない。

万が一捕まってもジタバタしない。

シレッと平気な顔をして余裕を見せ付けながら、虎視耽々と脱出の機会を狙っている。

タイミングは絶対に逃がさない。



ジャック・スパロウもきっとふたご座。

演じるジョニー・デップもふたご座ですね。

(まじめなウィル・ターナー君は山羊座のオーランド・ブルーム。

うまくできてるもんです。)


器用で機転がきき、何でもそこそこ上手くて、済んだことにはこだわらない。

何も考えていないように見えて、頭の中は緻密に計算されている。

シリアスのど真ん中でも、どこか醒めていて感情に溺れたりはしない。

ひとつの場所に留まらず、風の吹くまま気の向くまま、、

一か八かの勝負にも強い。



ふたご座は風のサインの柔軟宮です。

風のサインは「知性」を表します。

なので、感情的ではない。

むしろ暑苦しいのは大嫌い。

柔軟宮なので流動的です。その場の状況に上手く適応していきます。


「気持ちを切々と訴える」とか、「命あげます」とか、「私とあなたは一心同体」とかのコンセプトはありません。これらは水サインの特徴ね。


「根性根性ド根性」とか、「思い込んだら試練の道を、、」とかもない。(マンガか!)

「おーれーはジャイアン!ガキ大将」でもないし、

「サッカーしようぜ!」と積極的に友達を集めてチームのリーダーになる、とかも、、(やっぱりマンガか!)


マンガの題名、いくつ分かるかな?答えは最後に。

マンガの主人公を火地風水のエレメントで分類したら面白いかもしれないですね。

いつかやってみようかな。




とにかく、


好奇心が強く、広く浅く何でもこなし、深く拘ることがない。

ふたご座を一言で言うならば「多様性」だと思うのです。


深くこだわらないので、時には「気持ち」を置き去りにしてしまうこともあるかもしれません。

「広く浅く」ということは、次々と興味の対象が変わるということでもあり、ふたご座の人をひとつのことに縛り付けておくことはできません。


いろいろ目移りがするのがふたご座。

そのおかげで「幅広い人脈」や「生き字引」のような博識、あっと驚くようなアイデアなどが閃いたりもするのです。



そんなふたご座のルーラーは水星です。

コミュニケーション、伝達、思考、などを表します。


水星はヘルメスです。

生まれてすぐにゆりかごから抜け出して、兄のアポロンの牛を盗み出したという逸話があります。

牛を盗む前に捕まえた亀の甲羅で竪琴を作ったりもして、とても器用なのです。

牛を盗んだことがアポロンにバレて修羅場になったときには、その竪琴を弾いてアポロンの心を掴み、さらにその竪琴をアポロンにプレゼントしてその場を収めるという、、


泥棒だし、口八丁手八丁だし。

ルパン三世やジャック・スパロウそのまんまやん。



またヘルメスは、冥界の王ハデスがペルセポネを連れて行ってしまったときに、ペルセポネを返して欲しいと願う母親のデメテルのために、使者として冥界に行っています。

冥界は隔てられた世界で、他の者は出入りできません。

でもヘルメスだけは出入りができたということです。


類まれなメッセンジャー、、でもあるですね。



とても多彩な水星。

水星は乙女座のルーラーでもあるのですが、乙女座は地のサイン。

金星と同じように意味の管轄が少し違うようです。

ふたご座の水星は無邪気な子供のようにどこまでも軽やかです。


ふたご座のナチュラルハウスは3ハウス。

2ハウスで「身体感覚」を得た魂は、3ハウスで言葉を覚えます。

周囲を見ると、兄弟もいます。

家の周囲を歩き回ることもできるし、幼稚園や小学校に通うことにもなるでしょう。


このようなイメージから、

3ハウスの体験領域はコミュニケーション、初等教育、兄弟との関係、さらに隣近所や小旅行などもその範囲になります。

ものすごい勢いで身近な物事をなんでも吸収していく、そんな時期なのですね。


だんだん外に向かって関心が出てきました。

これから始まる人生はどのようなものなのでしょうか。

魂の旅はまだ始まったばかり。


この先にはどんなドラマが待ち受けているのでしょうか。。。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



まだ体調はあまりよくないです。

頭がぐるぐるしてきました。


ぐるぐるしながら、クイズの答えです。(笑、クイズって)


「根性根性」、、、、、ど根性ガエル(牡羊座っぽい)

「思い込んだら」、、、巨人の星(山羊座っぽい)

「おれはジャイアン」、、どらえもん(獅子座丸出し)

「サッカーしようぜ」、、イナズマイレブン(多分牡羊座)


最後のは難しかったかな?

少年マンガは牡羊座っぽい主人公が多いですね。

「〇〇のために命を懸けて戦う」蟹座っぽい主人公も多いような気がします。

その点山羊座押しの「巨人の星」はレアかも。。



次回はふたご座の誰かのホロスコープやります。

二宮和成さんか鈴木福君を予定しています。






本来の予定では宮古島レポート3を書いて、そのあとに「双子座3ハウス水星」をアップしているはずなのですが、


もう1週間も苦しい咳が続いています。

せっかくブログを読んでくれる方が増えてきたのに、

あんまり間を空けると忘れられてしまうかも、、という焦りのなか、


何もできない日々が続いております。

起きていると咳き込んで呼吸困難になり、時には吐きそうになり、頭が朦朧として布団に倒れ込むという毎日なのでありました。

そして酷く咳き込んだあとは、む、胸が痛い、、

否、痛いなんてもんじゃない。


イッッッッターーーーーーーイ、、、、!!!!


のです。もしかして気管支が出血してるんちゃう?と思うほど。。

そして発熱。

それでも、なぜか「寝てしまえばいくらでも眠れる」のでした。


お医者にも行きましたよー。

私は基本的に医者嫌いなので、よほど酷くないと行かないのですが、

今回はそんなことを言っている余裕はありません。


彼女(女医さん)は聴診器を当てながら

「なんか、喘息っぽい音だよねー。こういう音のときは咳止めは返ってよくないのよ。」

と言い、助手さんに何か指示していました。


すると優しそうな助手さんは私を「吸入器」の前へと案内しました。

うわっ、ステロイド吸入かぁ。。。


しかしこれは効果がありました。一日だけですが。

そして去痰剤と抗生剤と気管支喘息の薬をもらってきました。


喘息になっちゃったのか?私?



しかし、そもそも何でこんな事になっているのでしょう。

布団の中で寝ながら「質問」を投げてみました。



5月はとても盛りだくさんでした。

1週間宮古島で過ごし、その次には新里先生の来日ワークショップ(これも濃かった)、次の週に石塚先生の新宿勉強会、翌日娘1の買い物に付き合ってヘトヘトになり、間髪入れず3時間の「適職プロファイリング」講座、ザビエの個人セッション(これも超濃かった)、、


思い返すとザビエのセッションの前々日ぐらいから咳は出ていた。

でも市販の風邪薬で治まる程度で、もうこれで治ったと思っていたのです。


今思うと、瞬間的に「脈が急に落ちて」胸が苦しい、ということがありました。

なんか、脈が飛ぶことがあるのですね。

私は兄と弟がいるのですが(兄は10年前に亡くなっていますが)2人とも心臓を患っています。

私も占星術的に見れば獅子座が緊張しているので、心臓にリスクがあってもおかしくないので、「嫌な感じだな」とは思いつつあまり気にはしていませんでした。



咳はザビエのセッションの翌日から酷くなりました。

そして困ったことに咳の他に「悲しい、腹立たしい、他人が妬ましい」というような感情が噴出してきて、イライラが止まらなくなりました。

うう~、、イライラして何も書けない。。。

すぐに咳き込むし。。。



ザビエ・ベトコート先生はメキシコ在住の占星家で、そのキャリアは30年を超えます。

宮古島へはこのザビエのリトリートで行ったのですが、リトリート自体はほぼクンダリーニヨガのレクチャーで、占星術にはあまり深くは触れませんでした。


でも宮古島はちょっとしたカルチャーショックでした。

簡単に言うと、宮古島で「私はもっと自由に生きていいし、自分のためにお金を使ってもいい」と確信したんです。

「私は私が思ってるよりもずっとしっかりしているし、大人である」と確信した。

非日常の南の島で、いろんな人と過ごし、移住して自己実現している人たちにも出会い、美しい海を見て、少しずつ「自己価値」が上がってきていたのですね。


そんな「ちょっといい気分」のまま、新里先生の来日WSではサンプルとして私のホロスコープを使ってもらって、デモンストレーションで(触りだけですが)新里先生にセッションしてもらえて、いろんな人にいろんな事を言ってもらって、、嬉しかった。


「獅子座の太陽がMCとコンジャンクション、水星と天王星も。これは強烈な創造性の表現の欲求です。月と金星がミューチュアルレセプションで芸術的センス。特に金星は蟹座なので直観力に優れています。さらにこの金星は12ハウスの海王星とトライン、海王星は5ハウス(5ハウスは芸術)を支配。そして木星は金星に対してクインデチレ。これは芸術家のホロスコープです。」

!!!

この部分が分かってもらえただけで大感激。

とりあえずちゃんと暮らせていても、いつも物足りなさを感じているのです。

でもそれを言うと「まがまま」とか「ぜいたく」とか言われていた。

「何が不満なの?」とか。

芸術では食べていけない、とか。


「半球の強調は南ですね。土星は逆行、ノード軸は太陽、水星、天王星にコンジャンクション。ご両親はどのような方でしたか?(つまり必要なサポートが得られなかったことを示唆しています)」


ここで父親は病気で収入が少なく家はいつも貧乏だったこと、父親は私に性的虐待をしていたし、私の「作品」をいつもボロクソにけなしていたこと、母は私の話を全く聞いてくれないし(嘘をつくこともあった)、私の意向に対しては冷たかったこと、音大に行きたかったがお金がないので行けるはずもなく、受験すらさせてもらえなかったこと、などを話さざるを得なくなりました。


・・・・


でもこーゆー事はさあ!

白日の下に晒して「よくあることのひとつ」にしてしまうしかないと思っているので、話しました。


デモンストレーションはここまでで終わりでしたが、私の心には大激震が走りました。

「私の本分は創造性であり芸術表現である。私にとっては人前に出て目立つことが自然なことなのである」

「しかし両親との関係、幼少期のあれやこれやが原因でそれらがうまく発揮できていない」


とまあ、このような事実が浮き彫りにされたわけです。

いろんなセラピーやリーディングを受けてきましたが、占星術以外でこれほど端的に言い当てられたことはありません。

占星術のポテンシャルはものすごいのです。(だからやっているんです!)

事実私は音大に行きたかった。ピアノは大好きで今も弾いています。



そしてザビエ。


ザビエもほぼ同じ事を言いました。

でも時間はたっぷりあったので、新里先生が言ったことの他にももっと突っ込んだ話ができました。


「ご両親は2人とも風サイン(父:天秤座、母:双子座)の人で、知性編重ですね。」

そうです。

私は気持ちを分かってもらえたと感じた事がありません。

いつでも理解されないと感じていて、とても淋しいと感じるのです。

そして母はいつも教育と称して(子供には難しい)家事を私に押し付けていました。

でもできなくても無理でも言われた事をやるしかなかった。

当然上手くできない事も多かった。たくさん恥もかいたし、よく泣いていた。


特にお客さんが来たときに(教わっていない)料理をさせられて、すごく頑張って作ってもそのお客さんの前でボロクソに言われるのは本当に嫌だった。(ボロクソに言うのは父でした。父にとっては何かのプレイだったのかもしれませんが。)

お客さんにお茶を淹れるのも私の仕事で、お客さんの前で必ずダメ出しされるので、私はお客さんというものが大嫌いになりました。

「お客さん」が来る前に逃げ出した事もあります。しかしそのことは後々ネチネチと揶揄され続けました。逃げ場はありませんでした。


(知性編重とは、「とても知性的」という意味ではありません。理屈ばかりを重要視して感情や実際的な事を蔑ろにしやすい傾向、ということです)←風のサインがダメという意味ではありません。傾向として、という意味合いでご理解ください。



「ご主人は何座ですか?」

双子座です。。。

気のいい人ではありますが、深い感情的なやりとりを避けているように見えます。

いや、できないのかも。。

私がすることをいちいち批判しないし何かを強要することもしないので、それが楽で一緒にいます。

でもやっぱり淋しさはあります。


「あなたの月は天秤で風のサインですね。ご自分に対しても、気持ちを無視したりする事がありますか?」

!!

そうですね。たぶん。。

口に出せていない「気持ち達」がたくさん胸に詰まったままなんだと思います。。



「太陽は9ハウスに在住しています。実は獅子座の太陽にとって9ハウスはあまり居心地はよくないのです。

9ハウスは射手座のハウスなので、それだけを見ると悪くないのですが、射手座(9ハウス)の「探求し続ける」という質は「その場に君臨」していたい獅子座の太陽にいつも変化を強いるので居心地が悪い。あなたは9ハウスと「和解」しなければなりません。

ただし芸術家として生きていたならば、作風の変化などを通して和解できたのです。」

!!

そういえば、私は飽きっぽいから何も手にできないんだと思っていました。

でも違うんですね。「飽きっぽい」んじゃなくて「探求し続けたい」んだ!

目からウロコ。

でも一方では「変わっていくこと」を良しとしないので、いつも目移りがしてしまう自分は駄目な人間なんだって思ってしまうんだ。。

そうなんです。

いつでも「刷新し続けていくという質」も持っているんですね。でもこれは悪い事ではない!


「火星と月はコンジャンクションです。ご両親(特に母親)とのことがあなたを怒らせる原因になっていたのでしょうね。獅子座の太陽は理不尽な事に対して黙っていられないはずです。」

そう!

私はいつも怒っていた。

8歳から14歳まで毎日怒っていた。

でも終いには「この根性腐れが!」と言われて泣くんだけども。

ちなみに母はそういうことは言わない。それを言っていたのは父と祖母。。

母はそれをいつも容認していた。

私は「こんなにいつも腹を立てているのは私が駄目な人間だから」と思っていた。

14歳までっていうのは、そのころに父が頭がおかしくなって私を「側室」として扱うようになったから。私は14歳で1度心が死んだのです。

大人たちは、私が「憑き物が取れたように」おとなしくなったと言って喜んでいました。


「今までどんな事をやってきましたか?」

心理学。ユングとアドラー、トランスパーソナル心理学、フォーカシング、アロマセラピー、ヒーリング、レバナやゲリーのスクールでスピリチュアルも勉強しました。瞑想、オーラ視、アカシックリーディングも。

今はノエル・ティル式の占星術をやっていて、時々お金をもらってセッションしています。

(本当はNLPもやったけど好みではないので言わなかった。あと芝居の脚本も書いていた。ちゃんと原稿料をもらって芝居は上演しました)


「人前に出て創造的な活動をする事があなたにとっては自然な事なのです。それをしないでいるのは不自然。不満を感じるはずです。今まで準備は沢山してきた。あなたはとても優秀な占星家になれる候補の一人ですよ。」

それは嬉しい!

でも、、

一人前になる前に訓練する期間が必要じゃないですか。下手じゃしょうがないわけだし、、

その間のサポートが全然なくて、ご飯が食べられなかったんです。

このことが気になって、「何かがいけそうだ」と考えた途端に「これで稼がなくては」と思ってしまい、混乱してやる気が失せてしまうんです。いつだってそうです。

主人は稼げる人ではないので生活費は足りません。私が稼がないと、、

今だって、これで「お金を稼がなくては、もっと売らなくては」と思うと、気が変になりそうなんです。


「そのパターンに気付いてください。訓練している間のサポートが得られなくて挫折した。このパターンです。ずっと繰り返していませんか?

”やっている事”と”お金”を切り離して考えなさい。

あなたは本来はお金の心配などする必要はないのですよ。

本来のあなたでいれば、お金の方があなたを見つけます

かくれんぼのようなものです。

隠れすぎていると、見つけてもらえませんよね?

必死で隠れているうちに日が暮れて、お友達はみんな家に帰ってしまう。」


!!!!

お金がわたしを見つけてくれるって!?


えっ?

おかねが、わたしを、みつけてくれる、、って!?



たしかに、、特に芝居の脚本はそのパターンで自分で駄目にしてしまった。

特に売り込んだわけではなく、「書いてみない?」と言われて三日で書いた。

その「作品」にギャラを払ってくれて、役者さんが演じてくれて、それをお金を払って見に来てくれるお客さんがいる。すごい!って思った。

でもすぐに

自分なんかがそんなステキな仕事をしていいはずがないって思ってしまったんだ。

みじめに打ちひしがれているのが私。っていう変な自己イメージがしみこんでいた。

どうせまたすぐにボロクソに言われちゃうんだからって。。


私は隠れすぎているのか。。



だってそりゃあ、みっともない私は隠しておかなければって思っていたから。。

そのほうが馴染みがあるから、無頓着にしているとそっちに流れてしまうんだ。

でも

そんな必要はないってことなんだ。

分かっていたけど、分かっていなかった、ということだ。



そのほか、いくつかお話はあったんだけど、ソラで書けるのはこんな感じです。

録音したので、聞き返せばまだまだあるかもしれないです。



ザビエはやさしく真剣に話してくれました。

精神科医も心理カウンセラーも、名のある?アカシックリーダーもスピリチュアルカウンセラーもここまで到達してくれる人は今までひとりもいなかった。

ゲリーだけは「14歳のときにしたある決意が障害になってますよ」と言ってくれたけど、それ以上は踏み込んでこなかった。個人セッションじゃなかったし。


自分で「こうじゃないか?」と思っている事でも、他人に言ってもらわないと「確信」には変わらない。

鏡に映さないと自分の顔は分からないですよね。


宮古島から始まったこの一連の流れは、必然だったのかもしれません。


ザビエ(新里先生も)は素晴らしい鏡になってくれました。



私は嬉しくて嬉しくて、帰りにちょっと高い服なんか買っちゃったりして、舞い上がっていました。

私もあんなセッションができたらいいな!

さあ、頑張るぞー!



と思っていたのですが、咳はその翌日から酷くなりました。

空咳だったそれはゼロゼロを伴った重いものに替わりました。

認められて、安心した感情が咳として噴出して来たのだと思いました。

医者でもらった薬は効いてるんだか効いてないんだか分かりません。


枕元にはみるみるティッシュの山ができ、200ピース入りの箱があっという間に空になり、鼻の下がヒリヒリしてきました。



ゲリーに教わった葛藤を手放すための呼吸法をすると、左胸が痛むのですが、

同じ場所がものすごく痛いです。

もっと以前に通っていた外気功の先生は、「左の胸に悲しみのエネルギーが溜まってるよ」と言っていた。

宮古島のアイランドエッセンスで処方してもらったイルカと鯨のエッセンスの影響もあるかもしれません。

いろんなことが複合してこの咳として排出されているのなら、それはいいことなんだと思います。




最後に、ちょっとエドガー・ケイシーのことを思い出したのでさっそくググると、

「重い咳にはアップルブランデーの蒸気をストローで鼻から吸う」という情報が出てきました。

ケイシー自身が結核にかかったときにこれで治療したそうです。


アップルブランデーというのは、カルバドスのことでしょうか。

しかも混ぜ物無しのものじゃないと効果はないそうです。

ニッカの1000円のやつじゃ駄目そう。

フランスから輸入したものでないと。

とりあえず良さそうなものを取り寄せたのでやってみます!


まあ、効果が無かったら美味しく飲むだけなので、カルバドスが届くのを楽しみにしています。


花の写真は家の庭で気付いたら勝手に咲いていたコたちです。


上から:こだわりのクレマチス(ジャックマニーという品種)、花屋をやっていたときに売れ残った額アジサイ(巨大化してます)、3月からけなげに咲き続けているクリスマスローズ。




















ウミガメシュノーケリングツアーに行きました。


ガイドの方が2人付いてくれて指導と案内をしてくれて、写真を撮ってくれるというアクティビティーです。


私は18歳の時に一度だけシュノーケリングをしたきりなので、まっっったくの初心者です。

それでもなんとかウエットスーツを着込み(レンタルです)、シュノーケルと足ひれを付けて、いざ海へ!


場所は南部のシギラ海岸。

比較的ウミガメ遭遇率が高い場所だそうですが、素人には探せません。

ここはガイドさん頼みです。


当然うまくシュノーケリングができるはずもなく、海水をしこたま飲み込みながら、時には息ができなくてパニックになりながら、、時には足がつったりしながら、、、

浮き輪の紐を握り締め、見よう見まねで必死でガイドのお兄さんについて行きました。

まだかまだかと思いながら、ついていくことしばし。


ついにウミガメに会えました!!



アオウミガメです。

思ったよりも小さいです。60センチぐらいでしょうか。

前に沖縄の美ら海水族館で見たウミガメは1メートルぐらいあったように思いました。

内心、デカいウミガメってどうよ?と思っていたので、宮古で遭遇したウミガメはとても可愛くて。


海に入ったのが午後3時半ぐらいで引き潮だったので、沖に行かないと会えないかもしれないと聞いていたのですが、思いのほか浅い場所にいてくれました。

それも2匹も!

彼(彼女?)は海底にいて、藻のようなものを一心不乱に食べていました。


そして、息をするために時々浮上してくるのですが、その時がシャッターチャンスです。


写真は撮ってもらったものです。

シロウトは溺れないようにするのが精一杯なので、とても写真を撮るヨユウなどありません。

ガイドは2人いて、誘導してくれるのはお兄さん、写真を撮ってくれたのはハタチ位の女の子でした。


彼女、すごかったです。

もしかして人魚なのか?と思うほど自由自在に水中で動き回り、信じられない角度でカメラを構えてとても沢山の写真を撮ってくれました。感謝!




近年の宮古島はリゾート開発が加速していて、あちらこちらで建物の工事が行われていました。

下地島に新空港ができ、今はLCCのジェットスターだけが乗り入れていますが、そのうちに海外のプライベート機も受け入れるそうです。

そのようなセレブなお客さんを受け入れるために、超高級ホテルなどもバンバン建設しています。


ホテル間の競争も厳しいと見えて、自分のホテルでお客さんに見せるためにウミガメを捕まえていってしまうので、だんだん海で遭遇できなくなりつつあるのだそうです。


なんとも悲しいことです。

あのウミガメちゃんたちは捕まらないで欲しいと願わずにはいられません。

(美ら海のウミガメたちはプールに入れられていました。悲)




さて

海から上がったら海水を洗い流したいですよね!

ここはシギラ海岸。

大手ユニマットグループが手がける高級ホテルが立ち並ぶ地域でもあります。



ジャーーン!

シギラ黄金温泉~~(ドラえもん風に)



温泉だけなら宿泊客でなくても入れます。


さすが高級リゾートだけあって豪華です。

露天風呂にはブーゲンビレアや極楽鳥花が咲き、小さな滝もあって、フロントや脱衣所もとてもきれい。

水着を絞る洗濯機もあっていたれりつくせりです。


泉質はナトリウム塩化物温泉ということで弱アルカリ性、鉄分が多いのか独特の琥珀色をしています。

また独特の匂いがありました。(鉄の匂い?)

この温泉は宮古島の地下から沸いて出ているそうです。

火山があるわけでもないのに、不思議です。



そして、リゾート地にいるというのにそれらしい服を持って来なかった私は、黄金温泉の売店でエメラルドグリーンのサンドレスと迷った結果、家でも着られる藍染のワンピースを買ってしまいました。予定外の出費、、しかし


少しだけ理性は残っていました。笑(家でも着られる)


以降、家に帰るまでずっとこの服を着ていたのでした。



これはウミガメの翌日、東平安名崎で思わず地面に触れたくなってしまった私です。

ワンピースの裾がたくれて、下に履いたヨガパンツが丸見えです。


台風が来ると暴風雨に晒されるためか、ここはまるで高山のような植生です。

天国?を歩いているような?不思議な感覚です。

地面はジワジワと熱く、背中に生命の熱のようなものが伝わって来ました。


先端は断崖で、20メートルぐらいの高さはあるでしょうか。

目がくらみます。

下はターコイズ色に透き通る海。


そして、なんと!

その海の中にはさらに濃いネオンブルーの魚が何匹か泳いでいるのが見えました。


その場に居合わせた見ず知らずの人と代わるがわる覗き込んで、


「イラブチャー(青ブダイ)だ!」

「相当の大物だ!」


と、おおはしゃぎしたのでした。

断崖の上から泳いでいる魚が見えるなんて、思ってもいなかったのです。



一緒にイラブチャーを見ていたお兄さんは、その後「地面に触れて」いました。

真似されちゃったのかも?


まあいいってことよ!

触れてみてよ!


(つづく)

chiyoです。

今まで週1回の更新を守ってきましたが、今週は変則になりました。


13日に宮古島から帰ってきまして、東京とのあまりの違いに呆然としてしまいました。

書きたいことが山ほどあって、かえって何も書けないというジレンマに悩む暇もなく、


立て続けにこの土日はティル式占星術の新里先生の来日ワークショップ、というハードスケジュールで。。


来日ワークショップも凄かったんですよ。

ものすごく濃い内容で、二日間で10年分ぐらい?頭を使いました。

二重円から時期表示を考察する、という高度な内容も含み、専門用語を使わずにコンサルテーションを行う練習をしました。

このブログでは私は専門用語をビシバシ使っていますが、実際のセッションではやはり使いたくないのです。

象徴の解釈というものは流動的なので、ひとつの意味に固執してしまうとそれが免罪符となり、物事が進展しなくなることがあるからです。でもこの話しはまた後日。


そして家に帰ると座ったテーブルで寝落ち、翌日はあまりの疲労に寝込むという事態になりました。(だからブログ書けなかったの)



ザビエのリトリートは前半三日間(与那覇前浜よなはまえはま)で、そのあと二日間は東平安名崎(ひがしへんなざき)付近の民宿「さんさーら」に、最後の1日は平良(ひらら)のゲストハウス「TENOWAYA]に泊まり、合計6泊という日程でした。


三日間ホテルに泊まっていて、ホテルで食事をしていたのですが、

宮古島滞在中で一番美味しかった食事はこの「さんさーら」の晩御飯でした。


でも料理の写真が無くてすみません。

撮る前に食べてしまったので、、、


メニューは、シイラのお刺身、モズク、宮古焼きそばさんさーら風、、ご飯と味噌汁。

シンプルなメニューですが、お刺身は新鮮できれいでプリプリしていてとても美味。

モズクは沖縄産独特の極上太モズクで、酢を使わない出汁醤油の味付け、薬味ににんにくの摩り下ろしという食べ方なんですが、これがまた美味しい。

モズク自体がものすごく美味しいのです。

宮古焼きそばは、現地の味付けより薄味にアレンジされていていくらでも食べられます。

美味しい。


ホテルの食事はいわば「店屋物」の味なので、こういう家庭の味に本当にホッとしました。

ご夫婦は名古屋から移住してこられて、ここで子供を生み育て、生活しているのです。


さんさーらの向かいには農家(もともとの住人)があって、山羊を飼っていました。



山羊達は普段は柵の中にいるのですが、1日一回裏の野原の雑草を食べさせてもらえるようです。

写真は子山羊ですが、ちゃんと大人の山羊もいます。

柵から出してもらえた子山羊達は大喜び、ピョンピョン飛び跳ねてまるで「アルプスの少女ハイジ」に出てくるユキちゃんのようでした。可愛い!!


他の家でもあちらこちらで山羊を飼っていました。

不思議に思ってさんさーらのご主人に尋ねると、



「あ、山羊は食用です」


!!!


「だから、あんまり情が移らないようにしているんですけどね。。」



ああ、完全に私は「旅行者」でした。

宮古の人たちは昔から山羊を飼って食用としてきた。

何か行事があると、庭の山羊を〆て振舞うという習慣なのでした。

さすがに現代では個人が山羊を〆るのは禁止されているようですが、しかるべき場所で処理はされているようです。

「去年はもう一頭大きなのがいたんだけど今いませんねぇ。食べられちゃったみたいですね」

と、ご主人。


私は旅行者なので、全くここの「生活」というものを知りません。

しかし私はこういう「リアル」は好きなので、この話でさらに宮古島が身近に感じられたのでした。


因みに「さんさーら」とはサンスクリット語の「サムサラ」からとったのだそうです。

輪廻転生。

「あがりの宿」とは「東の宿」だそうです。

宮古の東の端だから。太陽が上がるから「あがり」。

今度また宮古に行ったら、また宿泊して奥さんの料理食べたいです。



これは伊良部島の渡口の浜です。

与那覇前浜とはまた違うキレのある青さです。

このときは晴れて日差しが痛いほどで、目を開けていられないくらい眩しかった。


地元の人はあまり海には入らないのだそうです。

海は危険なもの、という認識なのだとか。

実際、宮古の海は意外とドン深で、すぐに潮目が変わって、それにハマるとどんどん沖に流されてしまうのだそうです。

そういえばレンタカーのダッシュボードに

「海難事故のほとんどは観光客です」

と書いたステッカーが張ってありました。汗



こちらはザビエのリトリートの会場から歩いて5分の与那覇前浜です。

先週の動画もここです。

渡口の浜とは違って、浅い青です。

海底が真っ白なので、クリソプレーズやシーブルーカルセドニーのような色です。

美しい。


ワークショップが始まる前の朝の時間です。

真ん中が私(偶然です)向かって右があまりんさん、右端で手を上げているのが小泉まーりさんです。

まーりさんとは初対面ですが、偶然一緒に浜に出て海に入り、子供みたいにキャーキャーはしゃいでとっても楽しかったです。


結構岸に近い場所なのですが、あと5メートルも沖にいったらもう足は付きません。

ドン深。



最後にマリンロッジ・マレアから一度だけ見えた夕日(らしきもの)です。

雲が無かったら素晴らしい、らしいです。

次はフルで見たいものです。

(次回に続く)

chiyo です。
7日から宮古島に来ています。

メキシコの占星家ザビエ・ベトコート先生のリトリート、そしてせっかく宮古島に来たならもう少し遊ぼう!ということで、3泊追加して、

実は明日帰るんです。


ザビエ先生はヨギ(ヨガを実践する人)でもありるので、リトリートの内容は


ほぼヨガでした。笑


しかし見てください!

曇りなのにこの海の青さ!


写真は与那覇前浜ビーチです。

こんな美しい海は見たことがありません。
リトリート終了後はレンタカーで南部の民宿に2泊、今は平良地区のゲストハウスでスマホで書いています。

昨日はシギラでウミガメシュノーケリングとシギラ黄金温泉、

今日はパワーストーンのお店を巡りと盛りだくさん。
レアなエッセンスも手に入れてきました。


流石にもう眠いです。
大した内容じゃなくてすみません。


ステキな民宿の事も書きたいし、マクラメ編みのパワーストーンペンダントや、エッセンスや、、


家に帰ってから改めてご紹介したいと思います。


では、おやすみなさいませ。




みなさまこんばんは。

chiyoです。



こちらは東京都国立市にある谷保天満宮のご朱印になります。

お昼ごろにお参りしてきました。


お参りが終わって遅いランチを食べていたら、どんどん空が暗くなり稲妻が光り、

あっという間に嵐のような暴風雨になってしまい、お店を出られなくなってしまいました。

しかし友人と2人で「龍神だ!お清めだ!」と言いながら盛り上がり、店を出たのは結局5時間後、もうすっかり日が暮れた頃でした。

外に出ると風雨で葉桜が散らかっていましたが、新しい元号にふさわしく空気がすっかり浄化されたようで、清々しくてとても気持ちがよかったです。



令和になりましたね。

太陽牡牛座の人をいろいろ探しておりましたが、そんな場合ではありませんでした!


今回は怒涛の5連発と称して、

皇室の方々5人分の職業傾向の分析をお送りします。


ザックリですが、なかなか面白いものが見えてきましたよ。



ーーーーーーーーーーー

まずは上皇陛下。


太陽=山羊座、月=魚座

周囲と溶け込みながら理想を追求していきたい魚座の欲求を、山羊座の計画的にコツコツと形にしていくというやり方で叶えていく、というのが基本スタイルです。

震災で被害に会った人たちの前で膝を着いてお見舞いされるなど、今までの皇族の方々は誰もしなかった。

魚座の欲求は垣根を取り払い、心情を理解し、感じて通じ合う、奉仕的なものです。

その欲求をいろいろ工夫しながら実際に形にしていった。これはまさに山羊座的な行動の仕方ですね。


MCは天秤座なので、金星的な要素(美と調和)を社会に向けて表現します。

MC軸に沿って天王星と木星がオポジションです。

さらに冥王星火星に対して天王星がTスクエアで、天王星が目に付きます。

独創的行動、美と調和、人道主義。


民間からはじめて皇后を迎えたのはこの方だし、生前退位もそうです。

いろいろと独創的な方でした。


アセンダント上の太陽は牡羊ポイントにあり、水星/火星のミッドポイントでもあります。

意思的なコミュニケーション。牡羊ポイントなので社会に向けてとても目立ちます。


3ハウスの月とスクエアの水星は9ハウスを支配。

3ハウス水星9ハウスと来たら、コミュニケーションです。9ハウスは出版なども考えられますが、この場合は国際性と見るのが自然でしょう。


公衆へ向けた、奉仕的で美と調和を重んじる、人道的で意思的なコミュニケーションの欲求。国際性。

キンタイルが4つあるので、自分のアイデアなどを創造的に発揮する必要性。


上皇陛下は国民にとても慕われていたと思います。



ーーーーーーーーーー

今上天皇陛下です。


太陽=魚座、月=山羊座。

なんと上皇陛下と逆なのですね。

物事を形にし、実現していきたい山羊座の欲求。

それを奉仕的で理解し合えるような方法で進めていく、というのが基本スタイルです。


クインデチレ(強いこだわり)が沢山ありますね。

まずアセンダント上の天王星が太陽と金星にクインデチレです。

自分自身(エゴ)と美意識に対して独自性人道主義という課題を投げかけてきます。

公の人ですから、人道主義ととる方が自然かもしれません。


太陽はアセンダントを支配、金星は3ハウスと10ハウスを支配。

美意識的人道主義、調和の取れたコミュニケーションへのこだわりががセルフイメージとなる。また、それが社会に向けて表現される。


冥王星が魚座の水星にクインデチレ。

奉仕的な、影響力のあるコミュニケーションへのこだわり


MCは牡牛座なので、ディスポジターは金星から始まります。

金星の次に天王星が来ます。やっぱり天王星。。

この金星と天王星は上皇陛下から引き継いでいくものなのかもしれません。

美と調和、人道主義。


6ハウスに駆け込んでいる月はファイナルディスポジターの土星を巻き込んで12ハウスを支配。土星は6ハウスを支配。

協調的なリーダーシップの欲求は政府や公的な機関で表現される。


冥王星と太陽がオポジションだったりICに海王星があったりで、ご幼少の頃はいろいろ悩まれたのではないかと思います。

でもそれが栄養となって、クリエイティブな力になっていくと思います。


人道的な理想や美意識を表現、実践する欲求。政府や公の機関でクリエイティブなリーダーシップを発揮していく可能性。


上皇陛下の「仕事」をきっちりと引き継いでくれそうなホロスコープです。


ーーーーーーーーーー

雅子皇后陛下


太陽=射手座、月-天秤座。

調和を重んじ、公平で有能で魅力的な存在でいたい欲求。それを射手座の自己主張を伴い周囲に影響を与えていく、という方法で表現していくのが基本スタイルです。


上皇陛下、今上天皇陛下はお二人とも女性星座の組み合わせでしたが、雅子皇后は男性星座の組み合わせです。

どちらかと言うと外向的な方なのですね。


冥王星天皇星コンジャンクションと太陽がスクエア。

太陽はMCとクインデチレ。

人道的であり、影響力も持ち、という自分を社会に押し出していくことに対する強いこだわり。

太陽は12ハウスを支配。政府や公的機関への関連。


海王星オリエンタル。

仕事において理想を追求をしていく

ここまでだけでも、仕事に生きたい方なのだということが分かります。

外に出てバリバリ働きたい。


木星月オポジション、ここに火星水星金星トリプルコンジャンクションがスクエア。

考え、行動、情緒面においても美と調和を重んじる。

(またしても美と調和!)


MCは双子座、複数の職業を持つ可能性。

ディスポジターは水星から。水星は10ハウスと同時にアセンダントも支配。

コミュニケーション。

水星を支配する土星は海王星とスクエア。ビジョン、管理リーダーシップ。

水星に関わる天体から、社交的な欲求を満たせる場でのコミュニケーション、奉仕的な行動、人道的なパフォーマンス


月は2ハウス。

公衆の目に触れて評価を得ることが重要。

月を支配する金星は9ハウスを支配。国際性。

彼女は外交官でした。


政府や公の機関において国際的に人道的かつ奉仕的に管理的(ビジネス的)コミュニケーションを行うことで理想を追求していきたい欲求。


皇太子妃だったころはこれらの欲求が満たされることはありませんでした。

ご病気になられたのもそんな事情からだったのではないでしょうか。

これからは持ち前の能力を発揮して、ご活躍していかれることでしょう。


ーーーーーーー

愛子さま


太陽=射手座、月=双子座

幅広い知識を持ち聡明で柔軟な頭脳の持ち主でいたい欲求。それを真理に関する自己主張をとおして周囲に影響を与えていく、という方法で表現していく。


愛子様も男性星座の組み合わせです。

非常に「頭脳的」な印象です。


冥王星太陽水星と土星月がオポジション。

理想主義やエゴと考えの抑圧そして管理コントロールリーダーシップの欲求。

この2つの要素がシーソーのように揺れ動いて、今はストレスフルかもしれません。

なかなか厳しい「お題」ではあります。

でもこの課題を乗り越えたとき、どのようにブレイクスルーしていくのでしょうか。

むしろリーダーとしての資質に恵まれているとも言えます。

抑圧されたものは、解放されたときに大きな力に変換される可能性を秘めているのです。


火星と金星がスクエア。アピール力。今は潜在的なものかもしれません。

いつかこの能力が開眼するのではないでしょうか。

太陽が射手座なので、ちょっと楽しみです。


木星はノーアスペクト。

水星/天王星のミッドポイントでもあります。

ネガティブな解釈では風変わりで奇妙なコミュニケーション。

しかしこれは信念を持った人道的なコミュニケーションに変わる可能性があります。

そしてノード軸にクインデチレ。公衆に対するアピール


MCは山羊座。リーダーシップや管理コントロールの才覚。

ディスポジターは土星から。9ハウス支配、国際性

土星もノード軸にクインデチレ。国際的リーダーシップ。

さらに土星は金星にもクインデチレ。リーダーシップに美意識が加わる。

土星は太陽/月のミッドポイントにあり、とても重要な存在です。



金星はアセンダントと6ハウスを支配。

美意識がセルフイメージに投影され、協調的な場面で発揮される。


キンタイルが4つ。

創造的なアイデアを表現する必要性。クリエイティビティ。


美意識と調和、創造性を国際的に管理コントロールし、周囲に影響を与えていく欲求。

幅広い知識と柔軟なコミュニケーション。


思いがけずリーダーとしての資質をお持ちのようです。

女性天皇となったところを見たいです。


因みにソーラーアークをざっと見ましたが、28歳~30代前半ごろに何かありそうです。

ご成婚、、かな?

裏天皇家のどなたかとか、、


ーーーーーーー

悠仁さま


太陽=乙女座、月=水瓶座

社会的に重要で個性的な存在でいたい欲求。これを精査区別し洗練させていくというやり方で満たしていく。


天王星から金星(アセンダント、8ハウスを支配)と火星(7ハウスを支配)にクインデチレ。

セルフイメージ、奉仕的な方面、あるいは研究や探求に独自の美意識のこだわり。

公衆へ向けた行動に対する独自のこだわり。

水瓶座の月のルーラーは天王星なので、天王星の強調。

天王星をどう使うのかが課題になるかもしれません。


海王星月コンジャンクションに土星がオポジション。木星が加わってTスクエア。

理想や強い目的意識、イマジネーションやビジョンを内面で育んでいく。

内向的な印象です。


太陽水星のコンジャンクションと天王星がオポジション。(線が引けてません)

理想主義、独創的、技巧的な表現

ファイナルディスポジターの水星は9ハウスと12ハウスを支配。

出版、法律、国際性、または政府や公的機関へ関連した情報の伝達。


MCは蟹座。感情の共有や安心安全を求める傾向。自己の内面のビジョンに関わることを社会に打ち出していく。


ディスポジターは月から。

月は4ハウス。意味合いは同上。4ハウスの強調。

月を支配する5ハウスの天王星は4ハウスの海王星とミューチュアルレセプション。(両方の質を混ぜたテーマ)

創造性、イマジネーション、独創性。


図の中の「MCからのディスポジターはなし」というのは間違いですね。

正しくは「MCにアスペクトする天体はなし」です。すみません。


そうなんです。

MCにアスペクトする天体がないとはどういうことでしょうか。

「職業」とか「役目」とかの責任を負わない、ということなのでしょうか。


独自の世界に没頭し、精査した研究をして過ごしていくようなイメージが沸きます。


独自の世界の探求、個性的ビジョンとクリエイティビティ、グループや仲間との活動。


彼はどちらかというと学者タイプなのかもしれません。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

上皇陛下は美意識と調和、人道的な面を強調して様々な事を革新し、日本国内に浸透させていく役目を負われているようにお見受けしました。

これを引き継ぐ今上天皇陛下は雅子皇后と力を合わせて国際的リーダーシップへと導き、それを更に愛子様が引き継いでいく。


みごとなグラデーション、そのような印象を受けました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


頑張りました。

「美意識と調和」というキーワードが何度も登場し、これが日本の基本的な在り方なのかもしれないと思いました。

大災害が起きても「略奪」が起こらないのは日本だけです!

これは驚きですよ。



明日から1週間宮古島に行ってきます!

次回は宮古島から、中継でお送りします。 


じゃなくて、宮古島の写真などアップできるかもしれません。

青い空、青い海、波の音、、


心はもう宮古島、、







大空にはためく鯉
良い眺めですねぇ



こどもの日は鯉のぼりを飾りますね。
昔々は
絵のぼりといって「鯉の滝登り」が飾られていたのが立体に変化して「鯉のぼり」になりました。

立体にするってすごいですね。


そういえば菖蒲の葉を抱えてるご婦人がいらしゃいました。
ああ〜菖蒲湯!


最近は菖蒲湯していないなあ〜
菖蒲の香りのする湯船   

祖母がいた頃、こどもの日は
銭湯にいき大きな湯船でのんびり、リフレッシュしてましたね。



今日は5月5日
銭湯では菖蒲湯のイベントが開催されてるかもしれません。明日でゴールデンウィークも終わります。

菖蒲の香りのする湯船でゆっくりまったりするのも良いかもしれませんね。

6月22日 開催です。

お申込先 クリックしてください。
アトランティスの叡智の読書会です。
令和の時代を自信を持って歩んでいくヒントが沢山
この本にはあります!!
それあなたのものにしましょう❣️

ミニワークショップのお知らせです

このワークショップは一言で言い表すと

難解の本として有名な「アトランティスの叡智」の本を読書する会です。

ついでに思考の現実化をしてしまうというミニワークショップです。

難解な本をそのまま難解にしておくこともありですが

難解な本をよりよく便利に使える本に変えてみるのもありですね。

皆で楽しく語らいながら「マインド、肉体、スピリット」をひとつに

することがどんな効果があるのかを知ります。

それができれば現実化は簡単です。

令和の時代を豊かな人生にしたいというあなた!

是非アットホームなMBF会にお越しください!

本のある方は本をもっていらしてください。

本がない方は今後も便利に使えますのでお求めください。

でもどうしてもない方は先着2名様にはご用意がございます。

お申し込み先 ←別ウインドウが開きます。あまりんさんのHPのMBF申込先です。

人には思考パターンがある。
それは幼少期からの親やその地域の習慣的なことから始まります。
赤ちゃんの時の脳のストレスのない状態が本来の脳の姿です。

楽しいと感じた時の楽しい表情や不思議だと感じた時の不思議な表情。

そうあの頃のフィーリングを忘れちゃてる!


ゲリーの笑いの誘うお話や愉快な雰囲気の中で進む講座は本当に楽しい!

上質なプレゼンテーションを見ているようです。

そして重要なことは

アカシック が出来ること。


講座中、質問者さんの質問から質問者さんの止めてしまってる思考パターンを読み、質問に答えながら質問者の思考パターンをさらりと話す。

あまりにさらりと伝えるので
聞き流してしまうこともあるようですが

でも大丈夫なんですよね♡


そのあとも同じ質問者さんが違う質問をしても
その質問に答えながらその質問者の思考パターンのお話をされるので 

はっ! という気づきがあるのです。


コアなところをトランスフォーメーションすることになるのだ!


すごいよ!


ゲリーの講座は身につき、講座の進み方が自然で
心地よい。

思考パターンに気がつくと何が起こるかというとアカシック の情報が的確に捕まえることができるようになり、その人本来の姿、天命を知ることができる。

そして他者への資源となるアカシック リーダーとして活躍できる。



講座中にビジョンがみえて奮い立ちました!

オンラインネットワークでアカシック を読みあっているんですよ。


オンラインネットワークメンバーが集まる日に
そのメンバーの中の1人がちょっと困った事を話して、それについてオンラインネットワークメンバーが、その困ったお話からアカシック を読み伝えていく情景が!

なんと!その場をナビゲートしてるのは
わたし!わあ 楽しそうだったなあ〜

そんなことをやりたいんだね^_^